本文へスキップ

ハイレジ3層被膜浴槽塗装詳細内容

TEL. 03-3676-1736

〒132-0013 東京都江戸川区江戸川1-35-15

ハイレジ浴槽塗装の詳細。3層被膜で強力な耐久性を実現しました。

〕  ホーム > 浴槽塗装詳細 > 浴槽塗装施工例 > 浴槽研磨コーティング

ハイレジ浴槽3層被膜塗装の詳細

※他の業者では3層被膜浴槽塗装は提供していません。ご注意ください。

ハイレジ浴槽塗装施工例のご案内 3層皮膜浴槽塗装とは、1回~2回塗りが主流である従来の施工方法を改め、
 (1)下塗り
 (2)上塗り
 (3)仕上げ塗り

の3回塗りを採用した最新の浴槽再生塗装の方法です。さらにハイレジシステムを導入し塗膜の耐久性が飛躍的にアップしました。下塗りを行うという事は上塗りの仕上がり状態をよりきれいに整えるためにも必須と言えます。従来は工期を短縮し、安く作業を実施するという事が重要視されたために、浴槽吹き付け塗装の品質は後回しになってしまったのです。頻繁に再塗装を繰り替えすホテル関係のニーズが減少し、リフォーム時の一般家庭に浴槽塗装のサービスが広がってきたため、従来の考え方、やり方を改善しなければならない環境になっています。

ハイレジ浴槽3層被膜塗装のイメージ

従来はFRPなどの塗装は下地に1回塗りが主流です。ホーロー浴槽や人工大理石などは2回塗りとなります。SGリペアではFRPでもホーローでも3回塗りが標準仕様となります。

3層被膜浴槽塗装のイメージ図

ハイレジ浴槽3層被膜塗装の耐久性

SG3層被膜浴槽塗装においては下記のハイレジシステムを採用しています。

【ハイレジ:強力耐水塗料システム】 Highly water resistant paint system
 第1層下塗り:強力耐水エポキシ樹脂塗装
 第2層上塗り:アクリルウレタン樹脂塗装
 第3層仕上げ塗り:防汚被膜コーティング処理

【社内耐久性試験】
・対象物:市販角タイル、アクリル板、ステンレス板
・耐水温テスト:90日間塗膜に異常なし
  ハイレジシステムによる3層被膜塗装を実施し室温にて7日間乾燥後、
  85度のお湯に浸してその状態を目視にて観察するテストです。
・パテ処理テスト:90日間塗膜に異常なし
  第1層の下塗りにガラスフレークを混入しパテ化し対象物に塗布後、お湯に浸し
  てその状態を目視にて観察しました。 こちらも湯温は85度です。

 ※社内テストの結果です。保証値ではありません。

ハイレジ浴槽3層被膜塗装の安全性

SGハイレジ浴槽塗装は安全な塗膜で仕上げています。仕上げクリア塗装は「食品衛生法・食品、添加物等の規格基準」に合致し、食器などにも使用できる非常に安全なものです。小さなお子様がいらっしゃるご家庭でも安心してご利用いただけます。さらに塗膜にクリア塗装を行うことで塗膜の劣化やダメージを軽減しより長期にわたりご利用いただけます。

食品衛生法適格証明書

ハイレジ浴槽3層被膜塗装代表的施工例

代表的な浴槽塗装の施工方法をご案内いたします。ぜひ参考にしてください。また、最近はインターネット比較サイトなどで浴槽塗装の紹介をしているページを見るようになりましたが、業者により施工内容はまちまちです。価格で比較すると正しい判断ができない場合が多く必ず施工内容を確認することをお勧めします。

【ホーロー浴槽補修塗装】
ホーロー浴槽の最も多い補修塗装例です。ホーロー浴槽を裏側で支える鉄板が水分の影響でサビて表面のホーロー質を壊して出てきます。それが小さなひび割れ(クラック)やさらにダメージが広がり赤茶色のサビが出てきます。補修方法は表面に出てきたサビは削り取ったり薬品で取り除きます。錆び止め剤を塗布後、硬質パテで埋めます。表面を平らに調整して下地を整えたのち、本塗装作業に入ります。

ホーロー浴槽補修塗装例

【人工大理石浴槽補修塗装】
人工大理石浴槽で一番多いのが喫水線を境に変色してしまうことです。24時間風呂を使用したり入浴剤を頻繁に使い長時間お湯を捨てずに溜めておくとこの変色のダメージが出やすいと言われています。また、お湯溜めは浴槽の樹脂内部に水分が入り込み”ふくれ”を生じさせることもあります。ふくれが生じた浴槽は再度補修用の樹脂を全体に吹き付けて新しい樹脂層を形成します。そして本塗装の作業に入ります。

人工大理石浴槽補修塗装例

【FRP浴槽補修塗装】
FRP浴槽とはユニットバスに使われている最もポピュラーな素材です。主としてポリエステル樹脂が原料です。ガラス繊維にこのポリエステル樹脂を含侵させ固めたものが強化プラスチックとしてFRPと称されています。FRP浴槽は長年使用すると変色と細かいひび割れが発生することがあります。また、1mm程度の厚みしかありませんから、強めの圧力が加わると側面などが割れたりすることもあります。特に寮やビジネスホテル等で使用されている大型のFRP浴槽はこのようなダメージが多く見受けられます。補修方法は人工大理石浴槽と同様に同種のFRP樹脂を全体的に吹き付けまたはガラス繊維も同時に使用して補強します。補強後本塗装となります。

大型FRP浴槽補修塗装例

塗装色について

SG3層被膜浴槽塗装では11種類の標準色をご用意しています。標準色をご利用の場合は追加料金は掛かりません。一般的によく使用される色合いですからきっとぴったりのカラーが選択できると思います。
 ※標準色サンプルダウンロード(PDF)

標準11色

特別色なお、日本塗料工業会の色番号を指定したいという場合もオプションにて承ります。最新版の色見本帳よりご指定願います。色合いによっては特別色が提供できない場合もあります。

 ※オプション料金:¥20,000(税別)

spacer

浴槽塗装に係る注意事項

●浴槽の劣化について
どのような種類の浴槽も経年劣化でダメージを受けます。次のような状態になると補修塗装後も再びダメージが発生するリスクが高く施工保証対象外となりますのでご了承願います。
 1)ホーロー浴槽のサビの影響によるクラックの発生、ホーロー質の破壊、膨張など
 2)人工大理石浴槽のふくれ、ふくれの破裂、クラックの発生など

●24時間風呂の使用について
当社浴槽塗装塗膜は非常に強い耐水性を持ちますが、24時間循環のお風呂を使用される場合は自己責任でお願いします。24時間風呂で使用したい場合はその旨、お申し出ください。上塗り塗料や施工後の乾燥時間、施工料金等が異なります。なお24時間風呂の使用につきましては施工保証対象外となりますのでご了承ください。

spacer